溜川会長

会長メッセージ 2017-2018年度 第58代会長 溜川 良次

この機会に感謝します

 人材の豊富な柏ロータリークラブにあって、2度目の会長職を仰せつかりました。 会長職はロータリアンとして、大切な経験となります。 後に控える会長候補者の皆様に、機会を1年遅らせる結果となることを先ずはお許し願います。 柏クラブから寺嶋哲生フェローがガバナーとして活躍されることが固まるや、柏クラブのパスト会長会議で小生をご推薦いただきました。 当クラブはガバナー輩出というホストクラブであり会員の多くが当然に地区活動に係わることとなります。 小生の役割としては、第一に、いささか手薄となるかもしれない地盤をしっかり維持しなさいとの仕事をいただいたと認識しています。 第二に、1回目の会長年度に東日本大震災が起こりました。 当時、諸活動を自制・自粛、寄附等に振り向けるなど、当初計画が変更されたことへの配意があったと受け止めており、感謝を申し上げます。

活動ポイントは大きく2つ

 ガバナー輩出を契機にロータリーのあるべき姿を一層目指すことが柏クラブに求められるでしょう。 そのためには、①ロータリークラブの原点を常に確認して考え行動することが必要だと考えます。 それは“ロータリーが誕生した趣旨は何にあったのか”という点を意識することから始まります。 趣旨は明確であり、今更に議論する必要はありません。歴史的な変遷も、活動目的も示されています。 確認し意識した次にすべきは行動です。 そこで、②ロータリーの目的に合った実践をいたしましょう。 この道筋は、イアン・ライズリーRI会長テーマ「ロータリー:変化をもたらす」、そして、寺嶋ガバナーの行動指針「理念と実践~Think Next~」に沿うものであると考えます。 ここには日本のロータリー活動に延々と語り続けられている「I serve/We serve 」の2つの考え方が横たわります。 今や、その両者の良い考え方を採り入れるべきであり、どちらか一方に寄せることで格別利益があるとは思えないばかりか、活動を停滞させかねないとも申せましょう。

RI会長賞へのチャレンジ

 寺嶋ガバナーは地区活動の運営方針として具体的に8つの推奨事項を示し、加えてRI会長の推奨事項である「RI会長賞」へチャレンジするよう推奨されました。 やや荷の重い感じがいたしますが、ホストクラブとしての大きな使命をいただいたと理解すべきでしょう。 結果はともかくも、会員みんなでチャレンジしようとする前向きな姿勢が求められています。 そして、その具現化の柱に社会奉仕活動の実行を試みます。 ポリオプラス街頭募金と公共施設のリフレッシュ事業です。ガバナー輩出の記念事業として浄財を有効活用し、地球規模と地域に認知され受け入れられる貢献を柏クラブが担うことができたなら、なんとすばらしいことでしょう。
 柏クラブは、表に1歩踏み出します。「ロータリー:変化をもたらす」のです。ご支援ご協力を重ねてお願い申し上げます。