2017-2018年度 委員会活動方針

会場監督【SAA】

【会場監督】 落合一美

 SAAとは、Sergent-at-Armsの略で、例会場の秩序を保つための会場監督という役職です。 ロータリアンにふさわしい身だしなみをし、ゲスト・ビジターを心から歓迎し、例会のスムーズな運営の為に、 関係者との連絡を密にとり、例会の充実を図るように努めていきたいと思います。

会場監督(SAA)の重点方針
 1.例会場の設営・準備・例会の進行時間を正確に運営する。
 2.例会の運営に支障を及ぼす行為を適正に指導する。
 3.多くの会員の例会参加を促すため、ショートスピーチを増やす。
 4.会員の知り合う機会を増やすためにテーブルを指定する。
 5.会員はもとより、ゲスト・ビジターが気持ちよく例会に参加できるようにする。
 6.夏季例会での品格のあるクールビズを促す。

会計方針

【会計】 福尾博永

 クラブ資金の保管、及び受け入れ、支払い、報告を適正に行い厳正な会計処理を行います。

会員委員会

【会員増強委員長】 石戸義行

 メンバー皆様の努力で、ここ数年順調に会員数が増え、同時に若返りも図ることが出来てきていると感じています。 会員増強は、ロータリーの目的ではありませんが、それはより良いクラブ活動運営のために必要な手段ですので、今年も目標数を決めて会員増強をしていきます。
 入会前の私の柏ロータリークラブへの感想は「和気藹々」とした雰囲気があるということで、これなら良い活動が出来そうだと感じ、入会を決めました。
 今年度も皆様の笑顔と共に意義ある活動で、一人ひとりが会を誇りに思い、それが入会を勧めることになるよう、そして他を讃えることでより一層和気藹々とした雰囲気を作り、退会者ゼロとなるよう、他委員会と連携しながら会員増強活動を行います。

【親睦委員長】 風澤斉

・週に一度の例会において、親睦委員会の役割を円滑に遂行する。
・年間行事における親睦事業の計画と実施。
・新入会会員歓迎会の適時実施。
・上記を含む、親睦に関する全般の事項を委員会メンバー全員で共有し、関連委員会と連携しながら、親睦の深層を図る。

【クラブ研修委員長】 根本孝英

 ロータリークラブは企業者の友好団体であり、アイデンティティーを育てる、あるいは確認しながら、自らの所属する職場を守り、成長させる努力のできる人の宥和的団体なのだと考えます。
 会員(フェロー)は、それぞれ職業、家庭、生育環境は別ですが、何か社会や団体に役立つ、自分、職場があるのかな?と期待と責任を感じつつ入会された方も多いのかと思います。
 アイディンティティ―は、ご承知のように個人の人格という日本語の概念よりも幅広いものと考えられています。日本語の人格は、個性の意味が強くキャラクターという表現でしょう。
それに対してアイディンティティーは、各人の人生観、世界観、宗教観、職業観というキャパシティーを表現するものと解釈されます。 もし、フェロー諸賢がロータリー活動の中で、各自のアイデンティティーの補完・伸長を充実させることが出来るならば、人生の収穫の一つになるのではないかと思っています。
 我がクラブは、先輩フェローから新フェローまで、ピラミッド的配置で解りやすい構成となっています。 研修の環境も、地区リーダーシップ研修の修了者も居られ、正に充実した研修環境にあると考えます。 この人材に脚光を浴びせつつ活用し、ロータリーに「変化を」そして「理念と実践」を考えつつ、第58代溜川会長の行動計画に対して、理念と実践を研修しながら各人の精神性を高めるよう努力したいと思います。

公共イメージ委員会

【広報委員長】 関学

 柏ロータリークラブでは、毎年地域紙を通じて活動のPRをし、さらにHPやFacebookにおいて情報発信しております。 今年度は、さらにその精度を高めることはもちろん、公共イメージ向上のために、新たに地域メディアを活用して、さらにそのチャンネルを広げ、 積極的にクラブ活動・柏ロータリークラブの、ブランドの価値の向上のための情報発信をしてまいります。

【会報委員長】 井上英博

 今までの会報の流れを受け継ぎながら、皆さんにわかりやすく、例会や活動内容をお伝えしていきたいと思います。 実際の活動は毎回の例会を記録することから、会報委員の皆様にはお手数をかけますが、分担をして無理の無いように、且つ抜かりの無いように活動していきたいと思います。
 またガバナーを輩出するクラブとして、地区の活動に参加する柏クラブの会員の皆さんも、多くいると思います。 そのようなクラブ外の活動もできる限り加えてお伝えできればと思います。

クラブ管理運営委員会

【出席委員長】 萩原宏次

 柏ロータリークラブは、例会の出席・メークアップ・地区委員会等が正式な"出席"となります。 出席率は正確かつ適切に算出しており、他クラブの模範的な出席率となっております。 これからも、適切な報告を行っていきたいと思います。
 尚、最近多くの方が入会されております。 皆様へは、新しく入会された方へ、適切なご指導お願い致します。

【プログラム委員長】 高田新也

 プログラム委員会は初めて所属いたします。 本年度は、地区の月信委員長も受けていますので、ちゃんとプログラム委員長の大役ができるか不安ですが、他の委員さん、柏RCの皆様のご協力をいただき、卓話者選定と卓話の企画を行って、楽しい例会になるようにしたいと思います。
 近年、柏RCに若い世代の会員も増えていることから、新入会員には自己紹介を、現会員は相互理解と親睦が深まる卓話をお願いしたいと思います。 やはり、お互いを良く知るところから、親睦が深まり、柏ロータリークラブの結束も強くなると思います。
 また、外部卓話者については、会員の皆様からのご紹介、推薦の方がいらっしゃいましたら是非お知らせ下さい。 1年間よろしくお願いします。

【ロータリー情報委員長】 稲垣典子

 ロータリー情報委員会は、「クラブの効果的運営のために規定審議会やRI理事会決定事項を適宜情報収集し会員にその情報を伝達し記録する」委員会です。
 昨年度は、規定審議会によるロータリー定款の大幅改定という、大きな変革の年でした。それを受けて、柏ロータリークラブもクラブ最速の根本的見直し、及び改訂を行いました。
 時代の変化に伴い、ロータリークラブのあり方を見直すこの流れは、しばらく続くのではないかと思われます。 ロータリー情報委員会は、最新のロータリー情報を収集し、「より早くより正確に」会員の皆様に提供して、的確にクラブ運営に反映できるように努めて参ります。

奉仕プロジェクト委員会

【社会奉仕委員長】 渡辺敏行

 社会奉仕は、地域社会への貢献が大きな目的になっています。 今年度は寺嶋ガバナーの年度であり、当然ながら柏ロータリーへの注目が集まっています。
そして、寺嶋ガバナーより「RI会長賞」へ積極的なチャレンジをするよう、推奨されました。 また、溜川会長からも、今年度は社会奉仕活動を柱にしたいとの考えが示されています。
 したがって、毎年行っている事業と合わせて次の二つの事業を実施していきたいと思います。

1.ポリオプラス街頭募金
2.公共施設のリフレッシュ等事業
【毎年行っている事業】
3.献血運動への参加
4.ゴミゼロ運動への参加
5.毎年行っている寄付の実行

【職業奉仕委員長】 猪早惠美子

 『職業奉仕』をみおんなで考える一年に。
 ロータリークラブが、最も他の団体と違うところは職業奉仕を掲げているところですね。 その言われている意味は、自らの職業を高い倫理観を持って、職業活動を行うよう努力すること、そして、そこで得たものの物心を地域社会に還元し、それが自ずと奉仕に繋がるのだ、と言われています。
 地区職業奉仕委員会中村俊人委員長(柏東RC)は、自分の職業に「誇り」と「愛情」そして「高潔性」をもって、最大級の努力をすることだとおっしゃっています。
 さて、すでにみなさんは、そうした職業人だと思います。 だからこそのロータリアンであり、地域社会をリードしていらっしゃいます。 ここ2~3年、柏ロータリーに、新しい方がたくさんお入りになりました。 このロータリーの理念を心に修めるために、職業奉仕とはどういうことだろうと皆さんで議論し、ご自分なりの職業奉仕の考えを持たれたら良いと思います。
 そして、お仕事に邁進されますように。このことを考える一年にしたいと思っています。

【国際奉仕委員長】 勝田秀一

 国際ロータリーから上位下達としてここ数年、DLP(ディストリクト リーダーシップ プラン)、CLP(クラブ リーダーシップ プラン)の改革が議論され、柏ロータリークラブも組織改編を経てまいりました。
 具体的には四大奉仕から五大奉仕へ
 あらためまして国際ロータリーの標準定款より引用しますと、国際奉仕の定義は「書物などを読むことや通信を通じて、 さらには、他国の人々を助けることを目的としたクラブのあらゆる活動やプロジェクトに協力することを通じて、他国の人々とその文化や慣習、功績、願い、問題に対する認識を培うことによって 国際理解、親善、平和を推進するために、会員が行う活動から成るものである。」とあります。
 この定義に従い、柏ロータリークラブが出来うる事を模索する一年とします。

【青少年奉仕委員長】 川村由里子

 先日4月22日に、地区研修協議会に出席して参りました。 2790地区の青少年奉仕委員会は、以下のような委員会で組織されています。 それぞれの委員会の方針および活動を報告いたします。

〇インターアクト委員会:年齢13~18歳
〇青少年交換委員会:高校生親善大使としての交換留学プログラムを行っています。
〇ローターアクト委員会:再生への第一歩として、アクトミーティングに重点を置くとともに、クラブとの連携を図る方針とのことでした。
〇RYLA委員会:ロータリー青少年指導者育成プログラム(Rotaru Youth Leadership Awaeds)のことで、2790地区では長年「歩行ラリー」を教材にして、開催されています。 今年は2月下旬に1泊2日で総ぜ90名で開催されたようです。
〇学友委員会:青木ガバナー年度で新設されました。インターアクト、ローターアクトをはじめ、各種プログラムの元参加者が「ロータリー学友」と呼ばれ、クラブと結び付け末永い関係を築くために支援をする役割です。
〇危機管理委員会:各種プログラム開催における、危機管理を検討している委員会です。 特に事故や災害へのリスクに対する意識を高める活動を検討しています。

ロータリー財団委員会

【ロータリー財団委員長】 木村仁

 1917年、米国ジョージア州アトランタで開催された国際大会で、当時の国際ロータリークラブ連合会(現、国際ロータリー)会長アーチC.クランフが「世界で良いことをする」ための基金を作ろうというビジョンを発表し、 ロータリ財団が誕生し、ロータリー財団の100周年を祝って、2017年6月にアトランタで国際大会が開催され、14日には「ロータリー財団100歳の誕生パーティー」が開催されます。
 私もアトランタ国際大会に参加致しますが、アトランタへ旅立つ2日前に、この活動方針を書いております。
 一世紀にわたり「世界で良いこと」を続けてきた財団の歴史と功績、そしてその高潔な想いをもって、ロータリー財団委員長の責務を果たしていきたいと思います。
 溜川会長の挨拶に、「柏クラブから、寺嶋哲生フェローがガバナーとして活躍されることとなり、これを契機にロータリーのあるべき姿を一層目指す」と書かれておりますが、ロータリー財団委員会も「世界で良いことをする」という趣旨を会員の皆さんに共有して頂き、財団への寄付に対する意識を高めて頂くよう、取りまとめていきたい思います。
 ポリオプラス街頭募金も、ガバナー排出の記念事業として予定されておりますので、会員の皆さんの積極的な御協力をお願い申し上げます。

米山記念奨学委員会

【米山記念奨学委員長】 大本國平

 皆様ご承知の通り、米山記念小学生とは、明治元年に生まれた米山梅吉氏が日本とアメリカでの苦学の末に、三井信託(㈱)を創立、その後、社会貢献のために日本初のロータリークラブを立ちあげたその功績を記念して、1952年、東京ロータリークラブが始めた国際奨学事業です。
 他の奨学金制度と違う特徴は、経済支援だけでなく、「世話クラブ、カウンセラー制度」というものを設け、小学生の精神的ケアまでを行うという点です。 不慣れな外国で暮らす奨学生に、地域行事への参加等を通して日本を理解し、文化に触れてもらったり、様々な心のケアを行うというもので、他の制度にはない魅力として注目されています。 正に、米山氏の他人への思いやりの精神に根ざすものです。
 近年、日本は平和国家として経済発展を遂げ、国際的に様々な貢献を果たしてきています。 にも拘らず、日本のそれは世界の人々に周知されているかというと、そうでもないのが現状でしょう。 日本は口下手、外交下手であり、発信力が不足しているのです。
 今まさに、不透明、不安定になっている国際社会で、日本を正しく理解してくれる知日派を少しでも増やす、草の根の様な活動ではありますが、多くの留学生が母国に戻り、自国の発展に寄与するのはもちろん、日本との懸け橋になってくれるものと信じます。
 私共、柏ロータリークラブに於ても、少しでも留学生に日本の良さを知ってもらい、良い思い出を携えて、母国に戻ってもらえる様、尽力したいと考えます。
 世界平和にとっても、大きな意義を持つ国際交流の一環として、この慈善事業を発展させる必要性を感じつ次第です。

2017-2018年度クラブ組織表

※画像クリックでPDFファイルが開きます。