KashiwaRC_logo

2019-2020年度
国際ロータリー第2790地区
第11グループ 千葉県柏市

2019-2020年度 第60代会長 結城 綾子

会長_顔写真

会長挨拶

 2019-20年度柏ロータリークラブ第60代会長を務めさせていただくことになりました。とても身の引き締まる思いですが、幹事と力を合わせて素晴らしい一年であったと振り返ることができるよう、精いっぱい頑張っていきたいと思います。

 さて、2019-20年度RIのマーク・ダニエル・マローニー会長より今年度のテーマは「ロータリーは世界をつなぐ」と発表がありました。「ロータリーでの経験の中核にあるのは『つながり』である。ロータリーで私たちは、お互いの違いを超え、深く、意義あるかたちでお互いにつながることができます。ロータリーがなければ出会うことがなかった人びと、職業上の機会、私たちの支援を必要とする人たちとのつながりをもたらしてくれます。」とマローニー会長は述べています。

 私もこの柏ロータリークラブに入会して14年、色々な奉仕活動や委員会活動に参加し、職業も年齢も違う沢山の会員の方々と触れ合う機会を頂きました。
 はじめのころはよくわからず、例会や活動に参加することで精一杯でしたが、時が経つにつれ、うれしいときは心から喜び合い、悲しいときはすぐに駆け付けそっと寄り添ってくれる。ともに助け合い、励ましあうことができる仲間がここにいる。そんな柏ロータリークラブの一員である喜びを実感するようになりました。
 柏ロータリークラブに入会してから間もなく、長女を出産し例会や活動などに参加できない日々の中、沢山の会員の方がサポートしてくださり、とっても心強かった事も思い出します。本当にありがとうございました。その後の私の子育てにもロータリーでの活動はとても良い影響に案っていると思います。
 今ではかけがえのない多くの友人に出会え、この仲間と「つながり」を持てたことに感謝し、国際奉仕活動にもつなげていけたらと思っております。

 本年度は高田幹事の努力と熱意により「タイアカ族の子供たち」支援プロジェクトに地区補助金を頂ける予定となっております。子供たちが通う学校のトイレ、浄水施設の改修を中心に柏西ロータリークラブは支援を行う事になっておりますが、他にも教室は雨が降ると雨漏りがひどく、廊下で授業を行っている状態だそうです。
 私たち柏ロータリークラブは、子供たちの識字率向上を目的とし、学校補修と本の寄贈を予定しております。他クラブと協力し合い、柏ロータリークラブも数年ぶりに国際奉仕活動に参加いたします。本年度、この活動をきっかけに柏ロータリークラブとしての経験を積んで、次に繋げていけたらと思っております。

 そして、本年度2790地区ガバナーであられます諸岡ガバナーの掲げる地区スローガンは「ロータリーから千葉を元気に」であります。
 歴代のパスト会長、諸先輩方が築き上げた柏ロータリークラブはとっても元気いっぱいなクラブであります。この元気を一年間しっかり継続できるよう、そしてこの「元気」を様々な活動を通じて、しっかり地域にもアピールできるよう頑張っていきたいと思います。

 この一年を通して一人でも多くの会員の方に、柏ロータリーの一員である喜びを実感して頂けるよう、微力ではありますが頑張らせていただきたいと思っております。皆さまどうぞ一年間宜しくお願い致します。

アーカイブス

関連リンク

ページのトップへ戻る